マイクロソフト、CCleanerを不要と思われるアプリケーションに分類

人気のあるCCleaner-Windows最適化およびレジストリクリーナープログラムは、Microsoft Defenderで望ましくない可能性のあるアプリケーションとして検出されています。

CCLeanerは、Piriformによって開発された最適化ユーティリティで、ジャンクファイルの削除、レジストリクリーナー、および一般的なPCパフォーマンスオプティマイザーに使用されています。 2017年、アバストはPiriformを購入しました。それ以来、ユーザーはアバスト製品とプロモーションのバンドルについて心配しています。

Piriformのアクションは、ユーザーがデータ収集の使用を無効にできない場合に精査されます。ユーザーが指定しない場合でも、プログラムは自動的に更新されました。

2019年、CCLearnerは一時的にMicrosoftコミュニティフォーラムで禁止されました。これは、投稿されたときにプログラムへのリンクが懸念されるためです。システムの最適化はWindowsデバイスに害を及ぼす可能性があるため、この禁止はマイクロソフトからの一般的なスタンスでした。

マイクロソフトセキュリティインテリジェンスに追加された最近のエントリで、マイクロソフトはCCleanerを不要と思われるアプリケーション-PUA:Win32 / CCleanerに分類しています。ただし、このページでは、プログラムがPUA / PUPに分類される理由が明記されていません。 Microsoftが述べた唯一のことは、それらがRegistry Cleanerをサポートしておらず、使用すべきではないということです。

2018年のサポート情報に関するマイクロソフトの声明「レジストリクリーニングユーティリティなどの一部の製品では、レジストリの定期的なメンテナンスまたはクリーニングが必要であることが示されています。ただし、これらのタイプのユーティリティを使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。これらの問題により、ユーザーは不安定なため、オペレーティングシステムを再インストールします。レジストリクリーニングユーティリティによって行われた変更の程度はアプリケーションによって異なるため、オペレーティングシステムを再インストールしなくても、これらの問題が解決されることをマイクロソフトは保証できません。」

さらに、マイクロソフトの評価基準では、ファイルとレジストリエントリについて、誤解を招く、または不正確な主張を、潜在的に不要なアプリケーションとして表示することが規定されています。

ソフトウェアは、デバイスを誤解させたり、デバイスの決定を強要してはなりません。これは、選択を制限する動作と見なされます。上記のリストに加えて、選択の余地がないソフトウェアは次のようなものです。

  • デバイスの正常性について誇張した主張を表示します。

  • デバイス上のファイル、レジストリエントリ、またはその他のアイテムについて、誤解を招く、または不正確な主張をする。

  • デバイスの状態に関する警告を警告する方法で表示し、意図された問題を解決する代わりに支払いまたは特定のアクションを要求します。

同社は、この検出には他のソフトウェアのバンドルされたオファーが含まれるため、無料バージョンを対象としていると語った。

「当社の望ましくない可能性のあるアプリケーション保護は、ユーザーの生産性を保護することを目的としています。ソフトウェアが同じエンティティで開発されていない、またはサードパーティに関係なくソフトウェアの実行に不要な他のソフトウェアをインストールすることを提案する場合はいつでもインスタンスを検出します。」 。

一方、Piriformは、これは誤検知であると信じており、Microsoftと協力して検出を削除しようとしていると語りました。

CCleanerのゼネラルマネージャーであるDavid Peterson氏は、次のように述べています。この問題はまもなく解決します」

「Windows Defenderは無料版のCCleanerを「不要と思われるソフトウェア」に分類しているようですが、有料版は分類していないようです。また、Windows Defenderも最近の変更によるものではないようです。同じ方法で、Recuva(しばらく更新されていない)などの他のPiriformソフトウェアにフラグを立てます。」

「Recuva-ユーザーが私たちのWebサイトで発見してダウンロードするために努力する必要がある無料のファイル回復ソフトウェア-を「潜在的に望ましくない」と表現するのも奇妙に思えます。