マイクロソフトは、Apple SiliconMacで365アプリのネイティブサポートの展開を開始します

本日12月15日から、Microsoftは、AppleSiliconとIntelベースのMacの両方をネイティブサポートするMicrosoft365アプリの多くの新しいバージョンの展開を開始しています。

更新後、関係者が言ったように、Outlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteはMacでより速くそしてより良く動作するでしょう。

Microsoft365のシニアプロダクトマーケティングマネージャーであるBillDoll氏は、次のように述べています。「新しいOfficeアプリはユニバーサルであるため、Intelプロセッサを搭載したMacでも引き続き優れたパフォーマンスを発揮します。アプリは高速であるだけでなく、見た目も素晴らしく見えます。 macOS BigSurの新しい外観に合わせて再設計されました。」

 AppleのM1CPUをネイティブサポートするMicrosoftTeamsバージョンは、開発段階にあります。したがって、ユーザーはRosetta2エミュレーションモードで実行する必要があります。 Rosetta 2でアプリを使用する方法の詳細については、Use Office for Mac withRosetttaおよびAppleSilicionSupportドキュメントを参照してください。

Macユーザーは、本日からMicrosoft365で有効になっている自動更新から更新されたアプリを受け取ります。デバイスで自動更新がオフになっている場合は、Macストア、Microsoft Auto Update、またはMicrosoft Officeアプリの[ヘルプ]メニューで更新を確認して、ユニバーサルMicrosoft365アプリを入手する必要があります。

ダウンロードするチャネルに関係なく、Officeのインストールおよび更新パッケージには、AppleシリコンデバイスとIntelベースのMacデバイスの両方のネイティブユニバーサルコードが含まれています。

ドール氏によると、Macユーザーコミュニティに提供しているMicrosoft 365のイノベーションに興奮しており、最新の機能を使用したエクスペリエンスについてのフィードバックをお待ちしています。最初に新しいOffice機能を試して、毎日使用する製品に違いをもたらしたい場合は、Office Insidersに参加して、Macチャネルをチェックしてください。」