マイクロソフトは、Windows10ディスプレイが黒くなる問題を解決しました

Microsoftの関係者によると、同社は6月からWindows10バージョン2004を実行しているデバイスの問題を解決しました。レポートによると、このようなコンピューターは、Ms Officeなどの特定のアプリケーションを描画しているときに、外部ディスプレイで黒いディスプレイの問題が発生していました。

MicrosoftのサポートWebサイトから通知された情報によると、外部モニターが黒くなると、ユーザーは、グラフィックカードにWindows10デバイスに問題があるとマークされていることに気づきました。

これに関して、Microsoftは次のように述べています。「Windows10バージョン2004を実行しているデバイスで、画面が組み込まれていて(ラップトップやタブレットなど)、接続された外部ディスプレイがプライマリ画面を複製するように設定されている場合は、 Officeアプリ(Wordなど)を使用して描画しようとすると、両方のモニターがちらつき、外部モニターが黒くなるのを確認してください。」

同社はまた、「これは、ホワイトボードなど、描画可能な他のアプリでも発生する可能性があります。デバイスマネージャをチェックインすると、グラフィックコントローラの横に警告アイコン(感嘆符が付いた黄色の三角形)が表示されます。」

問題の解決は4か月後に到着しました

Windows 10に関する前述の問題は、先月、KB4577063のセキュリティ以外の累積的な更新を通じてRedmondによって対処されましたが、同社は10月28日に問題を文書化したアドバイザリを更新したばかりです。

黒の外部ディスプレイの問題に関する修正に加えて、10月の「C」アップデートには、WWANLTEインターネット接続とWindowsSubsystem for Linux 2(WSL2)の問題も修正されています。

外部モニターをマシンに接続していて、KB4577063更新プログラムをまだインストールしていない場合でも、システムを再起動するだけで問題を回避できます。

システムの再起動後、外部モニターは回復するはずですが、ユーザーは、システムを見つけて修正を加えて更新しない限り、問題のあるさまざまなMicrosoftアプリケーションでアプリの描画機能を制限する必要があります。

その他の問題、修正、および関連する詳細

提供された10月の更新を通じて、Microsoftは、Windowsユーザーがバージョン1903や1909などの古いバージョンのWindows10を実行しているデバイスをアップグレードできないという既知の問題も解決しました。

この問題は、バージョン1903および1909のWindows10用の「SetupDynamicUpdate」を使用してレドモンドによって解決されました。この更新プログラムは10月13日にリリースされました。

現在、マイクロソフトは、更新管理ツール、ISO、または物理メディアを介して古いインストールメディアが不足している管理対象システムを更新した後、システム証明書とユーザー証明書が欠落する原因となる問題を調査しています。

関係者によると、同社は今後数週間以内に更新されたインストールメディアと更新されたバンドルを提供します。