マイクロソフトはDWMクラッシュの解決に取り組んでいます

すべてのWindows 10バージョンで新しい問題が検出されました。4k解像度を実行するディスプレイ構成が含まれているため、ラップトップで蓋を繰り返し開閉すると、デスクトップウィンドウマネージャーがクラッシュします。

デスクトップウィンドウマネージャーまたはDWMは、アプリがプライマリディスプレイデバイスではなくビデオメモリにピクセルを描画するように強制するデスクトップコンポジションWindowsサービスで、視覚効果とアニメーションを適用した後に画面に表示されるデスクトップイメージにレンダリングします。マイクロソフトは、Windows Vistaのリリースとともにこのサービスを導入しました。

マイクロソフトは先週公開されたサポートノートで、Windows 10で蓋を繰り返し開閉すると、DWM.exeプロセスが応答を停止することについて説明しています。この問題は、Microsoft DirectXビデオメモリ管理(Dxgmms2.sys)コンポーネントの問題が原因で発生します。これはハードウェアの問題ではありません。」

同社はまた、DWMのクラッシュが発生する可能性のあるシナリオをいくつか共有しました。

シナリオ1:

  • HDMIモニターをラップトップに接続すると、Windows 10が実行されます
  • モニターは4k解像度で動作するように設定されています
  • [詳細設定]画面の[電源オプション]項目から[蓋を閉じる]アクションの下で[何もしない]オプションを選択した場合
  • 4kビデオの再生中に、コンピューターのカバーを繰り返し開閉する

シナリオ2:

  • 2つの4KモニターをThunderbolt 3ドッキングステーションに接続する
  • 4kソリューションモニターを備えたラップトップをドッキングステーションに接続し、クローンまたは拡張モードでトリプル4kディスプレイ構成に構成する
  • ラップトップのアンドックとドッキングを繰り返し行う

現在、同社はこの既知の問題の解決に取り組むとともに、Windows Defender Application Guard(WDAG)とWindows SandboxがWindows 10バージョン1903、1909、およびProとEnterpriseエディションを実行しているデバイスで開かないようにするバグの修正に取り組んでいます。 2004.それはまだ推定タイムラインを提供しておらず、正確な修正がいつ到着することが期待されるべきかについては述べていません。