ユーザーは、LSASSがWindowsバージョン1809、1903、およびそれ以降のバージョンで6月のWindows 10、2020アップデートで失敗することを報告します

Microsoftは、一部のWindowsデバイスでLSASSクラッシュと強制再起動を引き起こす新しい問題を認識しています。 2020年6月9日火曜日の月次パッチの一部として公開されたKB4557957およびKB4560960累積更新のエントリ、および印刷の問題を引き起こす問題のパッチに付属するKB4567512およびKB4567523オプションの更新のエントリとともに、本日追加されます。 。

Microsoftはエラーを次のように説明しています:重要なシステムプロセスC:\ WINDOWS \ system32 \ lsass.exeがステータスコードc0000008で失敗しました。ここでマシンを再起動する必要があります。

LSASSまたは呼び出されたローカルセキュリティ機関サブシステムサービスは、Windowsシステムのセキュリティポリシーを担当し、セキュリティの長期化と、ユーザーログイン、パスワード変更、アクセストークン作成の処理に使用されます。エラーが発生したため、ユーザーはデバイスのアカウントにアクセスできなくなり、その後、エラーが発生してシステムが再起動します。

ユーザーはこの問題をWindows 10バージョン1809でも報告していますが、更新はWindows 10バージョン1903以降にのみ適用できます。

あるユーザーは、次のように述べています。「ドメイン上にログイン時にクラッシュするマシンがいくつかあります。「お使いのPCは1分で自動的に再起動します」と表示され、強制的に再起動します。再起動後、再度ログインして続行できます。翌日まで働きます。

別のユーザーは、Windows 10 1809を実行しているラップトップの電源を入れた後、再起動を経験したと述べています。

この問題の正式な修正を待っています。現在、LSASSが失敗したためにデバイスを使用できない場合は、2020年6月の累積的なアップデートをアンインストールして問題を解消する必要があります。この前に、Windows 10デバイスに影響を与えるセキュリティ問題の緩和策を確実に削除する必要があります。

 Microsoftは、「コントロールパネルの[プログラムと機能]で[インストールされた更新プログラムを表示]を選択することで」削除できると述べています。コンピュータのセキュリティ防御をダウングレードする場合は、次の手順に従います。

  • [スタート]ボタンを選択して更新履歴を入力し、[更新履歴の表示]オプションを選択します
  • ダイアログボックスが表示されたら、[アップデートのアンインストール]を選択します
  • このウィンドウで、KB4560960またはKB4557957を見つけて選択し、[アンインストール]ボタンを選択します。
  • 次に、デバイスを再起動します