2020年6月の更新:MicrosoftがOutlookのブレークに関する問題を修正

Microsoftは最近の文書で、一部のユーザーに対してOutlookが起動しないと述べており、一部の受信ボックスファイルの修復をユーザーに要求するエラーが自動的に表示されます。

同社によると、Outlookバージョン2005ビルド12827.20268以降を更新したすべてのユーザーには、「データファイルの1つに問題があり、Outlookを閉じる必要があります。Outlookでファイルを修正できる可能性があります。受信トレイ修復ツールを実行します。」

マイクロソフトは、2020年6月の更新によって引き起こされたこの既知の問題をサポートページにリストし、修正とPCに影響を与える最近の問題の発見について説明します。

ユーザーが[OK]ボタンをクリックすると、受信トレイ修復ツールが起動し、修復プロセスを続行します。その後、システムを再起動して修正を適用し、うまくいけば問題を解決します。その代わり、Woody Leonhardが指摘したように、Outlookは同じエラーを再び表示します。

回避策あり、まだ修正なし

Microsoftは、2005ビルド12827.20268にアップデートした後、Stable Outlookバージョンを使用しているお客様は公式の修正問題を利用できないと述べています。ただし、初期修正はOutlook Insider Betaバージョン13004.10000のユーザーによってテストされています。

「Outlookチームはこの問題をWindowsチームで調査中です」とサポート記事は書いています。 「主な修正がOutlookとWindowsのどちらから行われるかはまだ不明です。修正の詳細についての情報がありましたら、ここに追加します。」

その後、Microsoftは、Outlookをすべてのユーザーが再び使用できるようにする回避策を提供します。また、PSTドキュメント形式に関連するキーの数を削除してレジストリを変更する必要があります。そのためには、以下の手順に従うことをお勧めします。

  • ウィンドウのスタートボタンを右クリックし、[実行]を選択します。
  • [名前]ボックスにregeditと入力し、[OK]を選択します。
  • 左側のウィンドウで、[コンピューター]を展開し、次にHKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Office \ 16.0 \ Outlook \ PSTを展開します
  • PSTキーの下で、以下のレジストリキーを削除してからOutlookを再起動します。

“LastCorruptStore” = “C:\\ Users \\ user.REDMOND \\ AppData \\ Local \\ Microsoft \\ Outlook \\ ***プライバシー保護のためにメールアドレスは削除されました***”

“PromptRepair” = dword:00000001

Microsoftは、この手順には「レジストリの変更方法を説明する手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性がある」と説明しています。

「したがって、これらの手順を慎重に実行するようにしてください。保護を強化するために、変更する前にレジストリをバックアップしてください。その後、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。」

Outlookおよびその他のWindows 10プログラムの起動を回避する別の問題は、6月13日にアバストによって解決されました。その後、AVGセキュリティアプリケーションとアバストは、Windows 10バージョン2004、1909、および1903で実行可能ファイルが実行されるのをブロックするために使用されるレジストリキーを設定しました。

今月の前に、MicrosoftはKB4484398 Microsoft Office非セキュリティアップデートも発行し、Outlook 2016で散発的なクラッシュを引き起こす問題と、顧客がオフライン状態で起動したときに共有フォルダーがお気に入りから消える問題を発見しました。

5月の半ばに、レドモンドは、クライアントの更新バージョン2004 12730.20236および2004 12730.20250に影響するOutlook検索の問題の修正のロールアウトも開始しました。