MicrosoftがXboxのDirectStorageをWindows 10に導入

Microsoftによる最新の発表によれば、XboxシリーズXストレージテクノロジーの主要部分をWindows PC、より具体的にはWindows 10 OSに導入することです。この機能はDirectStorageと呼ばれ、当初は同社が今後のビデオゲームコンソールに組み込む技術革新の一環として発表されました。

Microsoftの声明によると、「DirectStorageは、もともと[Xbox Series X] Velocity Architecture向けに設計されたDirectXファミリのAPIで、Windows PCに搭載できることを嬉しく思います。」また、当局は、「DirectStorageは、DirectX 12 Ultimateがレンダリング技術で行っているように、PCとコンソールの両方にクラス最高のIO技術をもたらします。 DirectStorage対応のPCとDirectStorage対応のゲームを使用すると、ロード時間を大幅に短縮し、仮想世界をこれまでになく拡張性と詳細性を高めることができます。」

DirectStorageを使用している場合、高帯域幅の要件のため、NVMeベースのSSDドライブを使用する必要があります。また、他のすべてのNVMeドライブでは動作しません。つまり、いずれかのDirectStorageは、NVMeドライブを備えた一部の選択されたシステムでのみサポートされます。また、システムがDirectStorageをサポートしていない場合。ゲームはこれまでと同じように実行し続けます。

スピードの向上だけでなく、これまでにないほどゲームをさらに詳細かつ拡張することができるこの新しいテクノロジーが含まれています。

MSの関係者は、DirectoStorageを使用することで、ゲームは現在および将来の最高の解凍テクノロジーを活用できると説明しています。彼らはまた、DirectStorage APIは、NVMeeドライブからGPUまでの全パイプラインのパフォーマンスを最大化するように開発されていると付け加えました。開発者には、ゲームが移動するのと同じ速さで読み込まれる、より詳細な仮想世界をもたらすより効率的な方法が与えられます。

DirectStorageをWindows 10 OSに取り込みたい場合は、しばらく待つ必要があります。この点に関して、Microsoftの関係者は、同社がDirectStorageのパートナーの準備をすでに開始しており、現在、サポートコンポーネントとともにAPIの設計と構築を完了するために取り組んでいると述べている。また、同社は、DirectStorageの最初のプレビューを来年から入手したいと考えている。