Microsoftは、KB4586853リリースのNVMeSSDによって引き起こされるWindows10BSODの問題を修正します

マイクロソフトは、PCがブルースクリーンオブデス(BSOD)でクラッシュする問題の修正をリリースしました。このエラーは、ユーザーが外部NVMeSSDをThunderboltポートに接続したときに発生しました。

この問題は、後者のポートと、これらのNVMeSSDに関連するWindows10ドライバーを備えたデバイスでのみ発生することは明らかです。

影響を受けるデバイスには、「DRIVER_VERIFIER_DMA_VIOLATION(e6)。検証中のドライバーによって不正なDMA操作が試行されました」と表示されます。停止エラー。

 マイクロソフトは、Windows10バージョン2004および20H2用のオプションのKB4586853非セキュリティ累積更新プレビューのリリースでこの問題に対処しています。

BSODの問題が検出されると、Microsoftは互換性の保留を追加して、影響を受けるデバイスにWindows10バージョン2004またはWindows10バージョン20H2アップグレードが提供されないようにしました。

ユーザーは、Microsoftカタログから手動でインストールするか、WindowUpdateを開いて[更新の確認]ボタンをクリックする必要があります。自動的にはインストールされません。

Windows 10デバイスでのアップグレードをブロックするために追加されたセーフガードホールドは、12月中旬に削除されます。それまでは、影響を与えるユーザーは「[今すぐ更新]ボタンまたはメディア作成ツールを使用して手動で更新しようとしないでください」。