Microsoftは、Windows 1020H2に新しいグループポリシーを追加しました

マイクロソフトは最近、Windows 10 20H2に新しいグループポリシーを追加しました。これにより、ユーザーは、使用しているアカウントまたはシステムに基づいてタスクバーをカスタマイズする新機能を無効にできます。 Windows 10 Insider Build 20161で、Misoftは新機能「プログラム可能なタスクバー:アカウントに初めてログインするときにWindows10タスクバーをカスタマイズする」を導入しました。

これは、ユーザーのアカウントの種類やコンピューターにリンクされているデバイスに応じて、タスクバーにさまざまな固定プログラムを追加する新しいクラウドベースの機能に基づいています。この機能は、Windows 1020H2で初めてログインするときに使用できるようになりました。

 プログラム可能なタスクバー機能を無効にする方法:

 デフォルトのWindows10タスクバーを使用するWindows10ユーザー向けに、Microsoftは、プログラム可能なタスクバー機能を無効にできる「クラウドに最適化されたコンテンツをオフにする」という新しいチームポリシーを開始しました。

有効にすると、このポリシーはDisableCloudoptimizedContent値を作成し、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows \ CloudContentRegistryキーの下で1に設定します。

プログラム可能なタスクバー機能を無効にする方法:

方法1:グループポリシーを使用する

Windows 10 proにはグループポリシーエディターが付属しており、次の手順でプログラム可能なタスク機能を無効にすることができます。

  • スタートメニューで「gpedit.msc」を検索し、結果が表示されたらそれを選択します
  • グループポリシーエディターが開いたら、次のパスに移動します:コンピューターの構成\管理用テンプレート\ Windowsコンポーネント\クラウドコンテンツ。
  • ファイルエクスプローラーセクションの下に、「クラウドに最適化されたコンテンツをオフにする」というポリシーが表示されます。ポリシーをダブルクリックして開きます。
  • Bing検索を無効にするには、このポリシーを[有効]に設定します。
  • 完了したら、[適用]、[OK]ボタンの順にクリックしてポリシーを保存します。
  • グループポリシーエディターを閉じることができるようになりました。
  • 新しいアカウントは、デフォルトのWindows10タスクバーを使用するようになりました。

方法2:レジストリエディターを使用してBing統合を無効にする

Windows 10 Homeユーザーの場合、次の手順に従って、レジストリエディターを使用してこの設定を構成する必要があります。

  • まず、WindowsキーとRキーを同時に押してWindowsレジストリエディタを開きます。
  • これにより、[実行:]ダイアログが開き、regeditと入力して、[OK]ボタンを押します。
  • Windowsは、レジストリエディタがシステムに変更を加えることを許可するかどうかを尋ねるUACクイックを表示します。はいボタンを押して続行します。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows \ CloudContentキーに移動します。キーが存在しない場合は、エクスプローラーキーが表示されるまで、必要なフォルダーを作成します。
  • 次に示すように、CloudContentを右クリックし、[新規]、[DWORD(32ビット)値]の順に選択します。
  • 新しい値の名前を入力するように求められます。 DisableCloudOptimizedContentと入力し、キーボードのEnterキーを押します。自動的に0に設定される新しい値が作成されます。DisableCloudOptimizedContentをダブルクリックして値を1に設定し、[OK]ボタンを押します。
  • 完了したら、DisableCloudOptimizedContent値を作成し、1に設定する必要があります。
  • レジストリエディタを閉じることができるようになりました。
  • 新しいアカウントは、デフォルトのWindows10タスクバーを使用するようになりました。