MicrosoftはWin 10の機能更新設定の延期を排除

伝えられるところによると、MicrosoftはWindows 2000からバージョン20004の機能更新を延期できるオプションを削除しましたが、ビジネスバージョンのOSを使用しているユーザーはグループポリシーを通じて機能を設定できます。

この機能は、以前にリリースされたバージョン1703の後にWindows 10に追加されました。これにより、ユーザーは実際に機能更新のインストールを最大1年間延期することができました。

しかし、新しくリリースされたWindows 10アップデート2004以降、ユーザーはこのような設定がWindows Updateの詳細オプションにないことを確認できるようになりました。現在、ユーザーには、Windows上のすべての更新を最大35日間一時停止できるオプションが1つだけ含まれています。

ZDNetの調査結果によると、巨大なテクノロジー企業であるMicrosoftは「Windows 10バージョン2004 fpr IT Prosの新機能」というドキュメントを更新し、混乱を避けるための更新延期機能の削除についても言及しています。

「アップデートを少なく:昨年、Windows 10のアップデートインストールポリシーを、サービス終了間近の機能アップデートバージョンを実行しているデバイスのみを対象とするように変更しました。その結果、多くのデバイスは1年に1回しかアップデートしません。すべてのデバイスで、このポリシー変更のほとんど、および混乱を防ぐために、Windows 10バージョン2004以降、Windows Updateの設定の[詳細オプション]ページから延期を削除しました。延期を引き続き利用したい場合は、ローカルグループポリシー(コンピューターの構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント> Windows Update>ビジネス向けWindows Update>プレビュービルドと機能の更新の受信時に選択するか、品質の更新の受信時に選択します。」

前述のオプションが削除されたため、OSがサービスの終わりに近づいたときにのみ、Windows 10にそのようなipdatesが強制的にインストールされるため、この機能は不要になったため、アクションが実行されると同社は述べています。

MicrosoftはDefer Feature Updateを削除しましたが、ユーザーはWindows 10 Proまたはエンタープライズバージョンでこの機能を使用できます

さらに、実際にWindows 10 Proまたはエンタープライズエディションを使用しているWindows 10ユーザーは、グループポリシーエディターで構成することにより、機能の更新の延期を引き続き使用できます。 [コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windowsコンポーネント]> [Windows Update]> [ビジネス向けWindows Update]> [プレビュービルドと機能の更新を受信したときに選択]または[品質の更新を受信したときに選択]に移動します。

ただし、Windows 10 Homeユーザーのみの場合、グループポリシーエディターでこれらの値にアクセスすることはできませんが、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows \ WindowsUpdateレジストリキーの下の値を構成して、 -不足している機能を取得します。ここからレジストリファイルをダウンロードしてインポートするだけです。

したがって、上記のファイルをダウンロードしてインポートすると、必要なレジストリキーが更新され、ユーザーはリリース後45日間、機能の更新を再度延期することができます。

バージョン10がサポートされていないように思われるまでOSが機能の更新を強制しないため、説明されている機能は機能の更新を延期する必要がほとんどのWindows 10ユーザーには実際には不要ですが、ユーザーは説明されている手順でオプションを利用できます。ただし、既知のセキュリティ脅威から身を守るために、Microsoftが提供する最新のオプションに更新することは実際には良い考えです。