Microsoft開発者がChromiumでのドラッグアンドドロップ動作を改善

報告によると、Microsoft Companyの開発者は、Google ChromeやMicrosoft Edgeブラウザーを含むChromiumベースのブラウザーの厄介な動作の修正に貢献し、現在ドラッグアンドドロップ動作を支援しています。知らない人のために、ChromiumはGoogle Corporationが作成したオープンソースのブラウザです。

Chromiumブラウザは、Google Chrome、Microsoft Edge、Brave、Operaブラウザの出発点として他の開発者によって一般的に使用されています。マイクロソフトは2018年に独自のブラウザーにChromiumエンジンを採用し、マイクロソフトの開発者は定期的にオープンソースプラットフォームに貢献しています。

Microsoft Edge開発者のEric Lawrence氏は、Chromiumのドラッグアンドドロッププロセスにおける非常に煩わしい問題を解決する、彼が行った小さな変更について述べました。実際、ユーザーは修正前にタブに何かをドラッグアンドドロップするために現在のタブを失っていました。彼らは、ファイルが完全にタブになっていることに気づきました。ドラッグしたドキュメントがタブに置き換わると、進行中の作業はすべて置き換えられ、最終的にその作業は失われます。現在、Microsoft開発者は、ドラッグアンドドロップエクスペリエンスを改善するために行われた新しい変更でこの問題を修正しています。開発者の声明を見てみましょう。

「ユーザーは、ファイルまたはURLを、ドロップされたデータを消費しないタブにドラッグアンドドロップすると(たとえば、ファイルのアップロードとして)、作業を失う可能性があります。現在のタブをナビゲートするのではなく(そこにあるものをすべて吹き飛ばして)、代わりに、ドロップされたURLを新しいフォアグラウンドタブで開きます。」

さらに、Microsoft開発者は、デスクトップまたはファイルエクスプローラーからファイルをドラッグアンドドロップするために、Google Chromeは現在のタブではなく新しいタブを自動的に開くことを説明しました。これらの新しいドラッグアンドドロップオプションの改善は、Microsoft EdgeおよびGoogle Chromeブラウザーにもまもなく適用されます。ご意見やご質問がございましたら、下のコメント欄にご記入ください。