MS Update:OfficePWAがWindows10に強制的にインストールされています

レポートによると、MicrosoftはWindows 10にOfficeプログレッシブウェブアプリケーションのスイートを追加するフェーズをテストしていることがわかりました。これも、ユーザーの許可なしに行われます。

PWAは基本的に、コンピューター上で実行可能ファイルを実行せずにWeb経由で配信されるように設計されたアプリケーションです。

このアプリケーションを起動すると、ブラウザウィンドウにユーザーに表示され、コンピュータで実行されているWebアプリのように感じる最小限のブラウザインターフェイスが表示されます。

技術の巨人はユーザーにOfficePWAのインストールを強制しています

伝えられるところによると、Microsoftは実際に、Word、Excel、PowerpointなどのPWSaをMS Edgeに強制的にインストールし、Win10で登録するテストを実行しています。

レポートによると、この機能は、実際に新しいPWAを受け取った一部のユーザーにのみ表示されるようです。

上記のPWAはMsEdgeに属しているため、明らかに、ユーザーがプログラムと機能の設定を介してマシンから削除できるアプリケーションとしてWin10に登録されます。

すでに述べたように、PWAが実行されると、最小限のブラウザウィンドウで実行され、Webアプリケーションのリンクページ(URL)が開きます。

Office製品に基づく各PWAのリンクは次のとおりです。

  • Excel:https://excel.office.com
  • Word:https://word.office.com
  • Outlook:https://outlook.com
  • PowerPoint:https://powerpoint.office.com

同社はすでにMSOffice用のPWAを提供していますが、テストで気づいたように、それらは単一のOffice PWAとして、またはそれぞれに別々のPWAとしてインストールされています。

Windows 10で同じものを受け取った人は、edge:// appsURLまたは[プログラムと機能の設定]ページからリモートでアクセスできます。