Windows 10でカメラエラーコード0xa00f4244を修正する方法[解決済み]

多くのWindows 10ユーザーは、Microsoft公式フォーラムを含むさまざまなオンラインプラットフォームで「カメラエラーコード0xa00f4244」または「カメラが見つかりません」の問題について報告し、解決策を求めてきました。あなたがWindows 10ユーザーであり、このカメラエラーに直面しているなら、あなたは正しい場所にいます。ここでは、0xa00f4244エラーについて説明し、この深刻な問題を修正するための推奨ソリューションを提供します。

「カメラアプリ」は、Windows 10 OSベースのデバイス用のデフォルトのウェブカメラソフトウェアです。 PC /ノートパソコンでウェブカメラまたはカメラをオンにできず、「カメラが見つかりません」というエラーメッセージが表示される場合は、ウイルス対策ソフトウェアがウェブカメラまたはカメラまたは問題のあるカメラをブロックしている可能性がありますドライバはこの深刻な問題を引き起こします。カメラアプリの「エラーコード0xa00f4244」は通常、アプリケーションがウェブカメラを正しく検出できない場合に表示されます。これは、Windows 10で最も一般的なカメラ関連のエラーであり、「カメラが見つかりません」というメッセージが表示されます。パニックにならないでください。以下の説明を注意深くお読みください。ソリューションに行きましょう。

[ヒントとコツ] Windows 10でカメラエラーコード0xa00f4244を修正する方法

手順1:Windowsストアアプリのトラブルシューティングを実行する

ステップ1:「Windows + I」を押して「設定」アプリを開きます

ステップ2:開いた「設定」アプリで、「アップデートとセキュリティ>トラブルシューティング」を選択します

手順3:下にスクロールして[Windowsストアアプリ]をクリックします

手順4:[トラブルシューティングを実行]ボタンをクリックします

手順5:完了したら、カメラエラーコード0xa00f4244が解決されたかどうかを確認してください。

手順2:システムレジストリを調整する

ステップ1:「スタート」ボタンをクリックし、「レジストリエディター」を検索します。

ステップ2:表示された結果で、「レジストリエディター」を右クリックし、「管理者」として実行します。

ステップ3:「ファイル>エクスポート」をクリックして、レジストリをバックアップします

注:問題が発生した場合は、バックアップを使用して簡単に復元できます

ステップ4:次に、ナビゲートします

  • 32ビットシステムの場合:

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows Media FoundationPlatform

  • 64ビットシステムの場合:

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREWOW6432NodeMicrosoftWindows Media FoundationPlatform

ステップ5:右ウィンドウを右クリックし、[新規]> [DWORD(32ビット)値]を選択します

ステップ6:この値に「EnableFrameServerMode」という名前を付けます

ステップ7:その後、それを右クリックして「変更」を選択します

ステップ8:値を0(ゼロ)に設定し、変更を保存します

ステップ9:完了したら、コンピューターを再起動し、問題が解決したかどうかを確認してください。

手順3:ドライバーを確認する

ステップ1:キーボードから「Windows + X」キーを押し、「デバイスマネージャ」を選択します

手順2:開いているデバイスマネージャーで、「イメージングデバイス」を見つけて展開します

手順3:[イメージングデバイス]の下のリストからカメラデバイスを右クリックし、[ドライバーの更新]を選択します

注:カメラドライバーが既に最新であるが、問題が回復力がある場合は、最新のドライバーの更新によりカメラが故障した可能性があります。この場合、カメラドライバーをロールバックできます。これを行うには、上記のステップ1と2を実行し、次に

手順3:[カメラデバイス]を右クリックして[プロパティ]を選択します

ステップ4:「ドライバー」タブで、「ドライバーのロールバック」ボタンをクリックします。完了したら、問題が解決したかどうかを確認してください。

手順4:マルウェアをスキャンする

ステップ1:最初に、通知領域から「Windows Defender」を開くか、Windowsの検索ボックスから「Windows Defender」を検索または検索します

手順2:開いたら、[ウイルスと脅威からの保護]を選択します

手順3:[オフラインでスキャン]を選択します

ステップ4:PCが再起動し、スキャン手順が開始されます

ステップ5:スキャンが完了したら、「Windows Defender」を再度開き、「ウイルスと脅威からの保護」を選択します

ステップ6:次に、「ウイルスと脅威の保護設定」を開き、「クラウドベースの保護」を有効にします

ステップ7:最後に、コンピューターを再起動し、その後、カメラエラーコード0xa00f4244が解決されるかどうかを確認してください。

手順5:サードパーティのカメラアプリを使用する

上記の手順でカメラエラーコード0xa00f4244が解決しない場合は、別のカメラアプリに切り替えてみてください。だから、あなたはインターネットからサードパーティのカメラアプリケーションをダウンロードするために行くことができます。

結論

この記事は、いくつかの簡単な方法でカメラエラーコード0xa00f4244を修正するのに役立ちました。この深刻な問題を解決するには、1つまたはすべての手順を選択できます。 Windows 10カメラに関するその他の問題、クエリ、または提案がある場合は、下のコメントボックスに書き込んでください。

コンピューターで強力なウイルス対策ソフトウェアを使用すると、すべての種類のマルウェアまたはスパイウェアの削除、システムレジストリエントリのクリーンアップ、ジャンクファイルの削除、およびすべてのタイプのシステム問題の修正に役立ちます。

PCの問題を修正するためのPC修復ツールを入手する